常盤木門(ときわぎもん)

小田原城本丸には常盤木門、鉄門の2つの城門がありました。このうち常盤木門は本丸の正門にあたり、重要な防御拠点であったために、他の門と比べても大きく、堅固に造られていました。多聞櫓と渡櫓門を配し、多聞櫓は武器等の貯蔵庫として用いられていました。
本丸の正面に位置し、小田原城の城門の中でも大きく堅固に造られていました。古絵図などの記録から、江戸時代初期から設けられていたことが分かります。元禄16年(1703年)の大地震で崩壊した後、宝永3年(1706年)に、多聞櫓と渡櫓から構成される桝形門形式で再建されたものが、明治3年(1870年)の小田原城廃城まで姿をとどめていたといわれています。
常盤木とは常緑樹の意で、門の傍らには往時から松が植えられており、また、松の木が常に緑色をたたえて何十年も生長することになぞらえ、小田原城が永久不変に繁栄することを願って、常盤木門と名付けられたといわれています。
現在の常盤木門は、市制30周年事業として再建したもので、昭和46年(1971年)3月に完成しました。
常盤木門の1階は「甲冑着付け体験」が行えます。 また、若干ですがお土産の販売も行っております。常盤木門2階は「常盤木門SAMURAI館」がございます。

マップ

 
 
 

この情報に関するお問い合わせ先

経済部:小田原城総合管理事務所

電話番号:0465-23-1373

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

経済部:小田原城総合管理事務所へのお問い合わせフォーム